Skip to main content

佐藤 土地家屋調査士 事務所

佐藤 一級建築士 建築設計事務所
ホーム
事務所紹介
土地 表題部登記 とは その他 添付書類
建物 表題部登記 とは その他 添付書類
区分建物 表題部登記 とは その他 添付書類
特殊建築物等定期調査報告 とは
建築設備等定期検査報告 とは
FAQ
お問い合わせ
ダウンロード
境界標 マーク 外字データ
書面により提出した添付情報の内訳表
投影補正と縮尺補正
測量補助計算
関数電卓のプログラム
お役立ちサイト
サイト マップ
※WingNeoを導入した為、今後は使用しません。
参考までに残します。
  

球面補正 を行うことで 平面直角座標 面上の距離(s)が求まります。

結合トラバースの単路線で観測を行った場合でも、距離の球面補正は必要になります。
国土地理院では、平成13年12月28日に 「 測量法施行令の一部を改正する政令 」 の公布により、世界標準である 「 測量成果2000 」 に移行しました。
測地成果2000 での経度・緯度は、 世界測地系 である ITRF94 ( International Terrestrial Reference Frame : 国際地球基準座標系 ) とGSR80 ( Geodetic Reference System 1980 : 測地基準系1980 ) の楕円体を使用し、標高については東京湾平均海面を基準にしています。
 
こちらのファイルは測量士・測量士補・土地家屋調査士向けです。測量士補や土地家屋調査士の勉強中の方にも役に立つと思います。
 
  • 私共が使用しているソフトでは 測地成果2000 ( 世界測地系 )に対応した補正計算が行えるようになっていましたが、計算式を確認したところ平成21年8月27日現在の“ 公共測量 作業規定の準則 解説と運用 ”に出ている計算式と異なり、ジオイド高も使用されないものでした。補正後の距離も若干異なってくるため Excel 用のファイルを作成しました。Office2007とOffice2003のExcelで動作確認をしました。

 

  • 黄色のセルに必要な文字列や数字を入力し、計算結果を出力しておく目的で作成しております。測点毎に補正が必要なので、PDFに出力して1つのファイルに合成しておくと良いと思われます。値を他のソフトなどから貼り付けを行う時には値のみを張り付けなかった場合、セルの塗りつぶしが無くなります。

 

  • ファイル中のハイパーリンクを使用する場合には、インターネットに接続した環境が必要です。

 

  • “ 公共測量 作業規定の準則 解説と運用 ”や国土地理院のWeb上に座標面上の距離sを求める式が出ていなかったので、日本測量協会へ確認して作成しております。度々修正しましたので、平成21年8月27日に作成されたファイルよりも前のファイルをダウンロードされた方は、お手数ですが改めてダウンロードをお願い致します。

 

  • 実際に業務を行う場合には、測量法・公共測量作業規定や関係法令に準じた作業を行う必要があります。ファイル内のハイパーリンクは計算練習用です。ジオイド高を求めるサイトや測量計算を行うサイト以外のサイトは、参考程度に載せています。

 

作業の流れ
  1. 結合トラバース で各点の座標の近似値を求める。 閉合トラバース で計算を行った場合出発辺測角の調整が行われない為、2点既知の場合でも 結合トラバース で計算を行っております。
  2. 観測距離を 投影補正 ・ 縮尺補正 により 平面直角座標 面上の平面距離を求めます。
  3. 求められた平面直角座標面上の距離を用いて 結合トラバース を行います。

 

※ ジオイド高 は国土地理院が提供する ジオイドモデル から求め、距離の計算に用いる ジオイド高 は、各既知点の ジオイド高 を平均した値を使用するものとしています。

 


 

FC2アクセス解析 

 

FC2アクセスランキング