Skip to main content

佐藤 土地家屋調査士 事務所

佐藤 一級建築士 建築設計事務所
ホーム
事務所紹介
土地 表題部登記 とは その他 添付書類
土地 表題登記
土地 所在変更登記
土地 地番変更登記
土地 地目変更登記
土地 地積変更登記
土地 所有者欄の変更登記
土地 所在更正登記
土地 地番更正登記
土地 地目更正登記
土地 地積更正登記
土地 所有者欄の更正登記
土地 分筆登記
土地 分筆登記抹消登記
土地 合筆登記
土地 分合筆登記
土地 地積更正分筆登記
土地 一部地目変更分筆登記
土地 滅失登記
建物 表題部登記 とは その他 添付書類
区分建物 表題部登記 とは その他 添付書類
特殊建築物等定期調査報告 とは
建築設備等定期検査報告 とは
FAQ
お問い合わせ
ダウンロード
関数電卓のプログラム
お役立ちサイト
サイト マップ

土地 滅失登記

 エコゾウ&トッチ 書類作成

土地 滅失登記 とは 1筆の土地の全部が海没や河川流水下の底地になり、消失した場合に行います。消失するに至った経緯が、地震や津波などの天災によるものであり、且つ一時的なものである場合には私人の所有権は消滅しません。

 

潮の干満の差がある水面については、春分、秋分の日における満潮位をもって、陸地と公有水面の境とし、流水面においては高水位をもって、陸地と公有水面の境とする為、公有水面の一部に土地の境が没する場合は地積変更登記で、全部が没する場合には土地の滅失登記を行う必要があります。

 

1筆の土地の全部または一部が河川法の規定する河川区域となった時は、河川管理者(一級河川:国土交通大臣、二級河川:都道府県知事)が遅延なく河川法の適用がある旨の登記を嘱託します。その為、河川区域内の土地についての滅失の登記は河川管理者に登記を嘱託する義務があります。

 

主務大臣の免許を受けて船舶の航行などを目的に水路を設けた場合、常時水面下となる土地は運河用地となる為、滅失の登記をする必要はありません。

 

土地の滅失登記は、共有者・相続人の一人から申請する事が出来ます。また、抵当権の設定が行われている土地においても滅失した事実に対して申請をするものである為、抵当権の消滅承諾書は必要ありません。

 

土地の滅失登記は申請の義務があります。

 

※ 関係法令・・・不動産登記法28条、37条、42条、43条、民法252条、896条、898条、河川法6条

資格証明書

法人の場合には資格証明書として代表者事項証明書もしくは会社登記簿謄本が必要です。 

代理権限証書

委任状です。私共が作成した書類に署名と押印をして頂きます。

 

所有権が移転されず所有権が抹消される登記の申請である場合や相続人から申請を行う場合、実務上印鑑証明書が必要になります。

 

調査報告書

 私共が作成します。

 

FC2アクセス解析 

 

FC2アクセスランキング